トップページへ戻る > 収納のコツ

収納のコツ

ものがうまく片づかない…、散らかって見える…、
毎日、家の中にいて、うまく片付けられない!ということにイライラするか、それとも慣れてしまうか、あなたはどちら派ですか?
収納って、「食べる」ことのように命にかかわるわけでもなく、「洗濯」のように滞ると困ってしまうわけでもなく、
ほったらかしにしておいても別に大事件には至りません。

けれども、美しくさわやかに過ごしたい〜と思う奥様たちには頭を悩ませる事が多い分野ですよね。

家の中の片づけ、つまり「収納」にはいくつかのテクニックがあります。
収納場所が少ないから片づかないのでしょうか?
それでは、片づかないものを、全部ポイポイと放りこめるだけのスペースがあれば、問題ないの?と聞かれてしまいますよね。
収納は片付けることだけではなく、必要なものが必要の時に「取り出せる」、ということも大事な要素です。

「掃除」と「片づけ」は違いますよね。
実は私、掃除は苦手なんですが、片づけは得意なんです。
掃除って毎日毎日の積み重ね。終わりのない作業ですよね。

清潔と健康は直接結びつくし、やらなきゃいけない!という強迫観念が「掃除」の嫌なところなのかも…。
それに対して、「片づけ」って、収納する場所や自分のルールが決まっていれば、毎日するわけではないし、簡単だと思うのです。

なぜ簡単か…。

それは、収納する場所には「限度(スペース)」があるということ。
つまり、許容範囲を超えてしまうと、物理的に片付けられ無くなる、という物事の「終わり」がはっきりしている、
これが他の家事とは別だと思うのです。

めざせスッキリ収納!まずは基本的に知っておきたいポイントをまとめてみました。


物を増やさない

コツ1で、ものの量を決めるといいましたね。
同じようなことなのですが、つまり「ものを増やさない」と言い換えることもできます。

ものを買うときに、それが果たして

・必要なものなのか、
・どこにおけばよいのか、

・万が一使わなくなったときどこにしまうか、

などなど、先のことまで考えでみましょう。

ひとつでも解決しなければ、増やしてはいけないということです。


ものの量を決める

収納スペースには限りがあります。
どう考えても、横○メートル、縦○メートル、

奥行き○メートルしかない我が家で、それ以上のものを購入してしまったときには、しまう場所がない、
つまり、ずっと出しっぱなしなんだよ〜!ということを覚悟しなければなりません。

出しっぱなしなんて困る!と思った人、お分かりですよね。
ものを購入する時には、同じボリューム(大きさ)の分を捨てなければいけないということです。

ということは、買い物の基本は、新しいものに飛びつくのではなく、壊れたものを買い直すことにとどめておくこと。
もしくは、同じようなものを捨てる覚悟があるなら、買い足してもよいということですね。

これを、ルールとして心得ておきましょう。

1枚セーターを買ったら、1枚捨てること。

常に、入ってくるものと出ていく物の分量を等しくしておけばよいのです。


ものの置き場所

子供が学校や幼稚園に行って、座る場所がないと、困って立ち尽くしてしまいますよね。
大人だって泣いちゃうかもしれません。
人間にとって、自分の「居場所」ってすごく大事じゃないですか。

ものにも、自分の「居場所」が大事なんだよ。
私は子供達に、ものを片づけることを、こういうふうに説明してきました。

特に家族みんなが使うような小物類は、必ず同じ場所に戻しておかなければ困ってしまいますよね。

特に、「お母さん」である私は常に家族に「○○どこ〜?」と聞かれる立場です。
とてもめんどくさい(笑)
家族ができて十数年、いまだかつて、私が思うとおりに小物を元に戻してくれるメンバーはおりませんが、
一応、自分も含め、そういう「心がけ」を続けることが大事だと思うのです。

とはいえ、置き場所を決めていても、私自身が時々勝手に整理整頓して、変えてしまうこともあるので、
結果的に、しょっちゅう聞かれてしまうのですが(笑)


タダほど面倒なものは無い

自分で買わなくても、家にはものがあふれてきませんか?
粗品、おまけ、プレゼント…
いらない!と言ってるわけではないのですよ。
おまけに惹かれる人間心理にすぐ負けてしまうのです。
それらが不必要にになって処分しなければいけない時の空しさ、
消費大国の運命ですかね。

悲しいかな、必要のない小物というのが世の中にはあふれていて、それがどんどん家の中にたまってしまいます。
必要のない、と思うものは断る勇気を、捨てる勇気を持ちましょう。(自分自身に言い聞かせています)

私には不必要なものの中には、コレクションしているマニアもいるようです。(ジュースのおまけなど…)
リサイクルショップで、意外なものが高値で売れることもありますから、即ごみ箱!と短絡的になる必要もありません。

「私には必要ないもの」をきちんと把握しておけばいいのです。


ストックの数

家の中には、「買い置きしておきたいもの」もたくさんありますよね。

洗剤やトイレットペーパー、食料品などなど。
これらは、「いざ」というときに足りなければ困るので、ついつい余分に買っておくものです。
また、安いときにに買っておきたい…という思いもありますよね。

買い置きするにもいろいろな理由があるんです〜!と自分の心の中から叫びが聞こえてくるようですね(笑)

しかし、特価にもサイクルがあるし、本当に今買わなきゃ損なの?
ストック食料品の賞味期限を切らしてしまうなら、買わなかった方が得だったかもしれません。

ですから、「ストックする数」を決めてしまえば良いと思うのです。

トイレットペーパーなら残り4つになったら買い足す、
ティッシュペーパーなら残りを2箱で買い足す、などと決めておけば、
最大の個数をストックするだけのスペースを常にあけておけば十分、片づくはずですよね。


定期点検

ものの置き場所が決まっている!としても、定期的に、収納場所を点検・掃除しましょう。

常日頃から、きちんと整理整頓出来てる人ならいんですよ。
私のように、ちょっといい加減な性格だと、ストックの場所を決めていてもいつの間にか数が増えていたり、
賞味期限が迫ってたりするのです。

どこに何がおいてあるか、を時々確認するのはもちろんのこと、
チェックで大事なのは、「適当に処分すること!」です。

適当に…と言ったのは、「捨てる」だけが処分方法ではないからです。

学校や自治体のバザーに出す(一年に一回だから出し忘れないようにまとめておかなければいけない)、
フリーマーケット、リサイクルショップ、人に差し上げる、思い切って捨ててしまう!などなど、いろんな方法がありますね。

物を処分するには、けっこう勇気がいります。
もったいないなぁ、
まだ使えるのに、
いつか必要になるかも…
高かったのに!とか、思い出があるとか、イロイロね。

でも、相当長い間、出し入れのなかったものは、なくても別に困りはしないもの。


思い出は心の中にしまって!

スッキリさせる決断も必要です。

関連エントリー

購入体験
家事検定をよく知ろう!
家事検定って知ってますか?
家事の価値とは?
家事検定はどこで?
家事検定を受けてみたい方
家事検定の受験内容は?
料理について学ぶ
食べる事と料理について
材料別と形式別の料理
調理方法と加熱方法について
旬の素材を知っておきましょう
世界の料理を学ぶ
料理道具について
材料の切り方を学ぶ
材料の量り方
掃除の仕方を学ぶ
掃除の基本
掃除に使う道具と洗剤
掃除のカビ対策
キッチン掃除を学ぶ
バスルームの掃除を学ぶ
トイレの掃除を学ぶ
洗濯の仕方を学ぶ
洗濯を学ぶ
シミや汚れを点検しよう
洗剤について良く知ろう
洗濯機の使い方
衣類の素材や繊維について
収納の仕方を学ぶ
収納について
収納のコツ
衣類の収納を学ぶ
インテリアについて
収納の実例紹介
収納グッズを利用しよう
家計管理を学ぶ
家計管理の家計簿
預金について
教育に掛かるお金
住宅に掛かる費用
保険について
税金にいて学ぶ
家庭マナーを学ぶ
マナーとは
パブリックマナーについて
テーブルマナーを学ぶ
冠婚葬祭の冠
冠婚葬祭の婚
冠婚葬祭の葬
冠婚葬祭の祭
お見舞いのマナー
暮らしの手入れを学ぶ
衣類の手入れ
DIYについて学ぼう
壁やタイルの補修には?
家事に関する問題
料理に関する問題例
キッチン掃除に関する問題例
掃除に関する問題例
洗濯に関する問題例
収納に関する問題例
家計管理の問題例
マナーに関する問題例
衣類に関する問題例
暮らしに関する問題例
幼稚園の運動会での成長。
今はとても楽しいばかり
初めての子育てで知ったこと
結婚について
挙式から披露宴までのバス移動
堅苦しさの無い結婚式
田舎の結婚式は
出産に立ち会ってはもらったけど
家庭の情報源
子育てと絵本の読み聞かせ
夫婦喧嘩になってないんだけど…
旦那の曖昧な返事でイライラ
ためていた学資では、とうてい足りなくなりました。
子どもの教育費
死亡保険を利用して教育資金を積み立ててます
初めての妊娠の時なんにも手伝ってくれなかった旦那
たくましく生きていく能力
夜中に起きるのは辛い!
子供に期待するのが学力など
可愛い我が子ですがたまにイライラしてしまいます
リンク集
リンク1
リンク2
Copyright © 2008 共働きの夫婦を応援!家事まるわかり検定. All rights reserved