トップページへ戻る > 衣類の収納を学ぶ

衣類の収納を学ぶ

衣替えの季節、毎年のことながら、ちゃんと洗濯してから仕舞ったつもりなのに虫食いや着ばみを発見してがっかり〜ってことはありませんか?
冬になったら着よう!と楽しみにしていたのに残念ですよね。

衣類の長く使うためには、収納方法によって大きく差がでてきます。
お気に入りの洋服をシーズンで駄目にしてしまった、なんてことのないように、衣類の収納術を知っておきましょう。


ハンガー収納

ハンガーで収納した方が良いのは、シワがつきやすいもの。
形が不安定のものなどです。たとえば、スーツ、ワンピース、ブラウス、スカートなどです。
逆に、伸びやすい素材のものは、型崩れしやすくハンガー収納には不向きです。
これはセーターやTシャツなどですね。

ハンガー収納で大事なのは、洋服の形にあったハンガーを選ぶことです。
たとえば、スーツなどは特に肩のラインが立体的になっているため、ワイヤーハンガーなど細いものでは、立体を保つことができません。

また、男性の衣類は肩幅が広いため、幅が調節できるものの方が良いでしょう。

クローゼットの中には、洋服を詰め込みすぎず、適度な空気の通り道を作っておきます。

これは、衣類の形を保つためと、カビ防止のために適度に空気が動くスペースが必要だからです。

クローゼットや洋服ダンス以外にも、ハンガーパイプや突っ張り棒などで、ハンガーをかけておく場所を作ることがあるかと思います。
部屋に出しっぱなしの洋服には、大きな布を全体にかけておくと、虫や埃が付きにくく、後のメンテナンスが楽になります。
使わなくなったカーテンやチーズなどでもOK。

クリーニングから戻ってきた時のビニールカバーは一旦外しましょう。
クリーニングから戻ってきた時は、まだ衣類に湿気が残っていることもあります。
一度カバーを外し、完全に乾かしてからもう一度カバーをかけ、片づけます。

ビニール製のカバーは梅雨の時期や冬など、空気の湿気の状態によって、
衣類の中に湿気を困らせてしまう可能性もあるので、あまりお勧めしません。

1着ずつに、かぶせる市販の衣類カバーもありますが、
かといってわざわざ購入する必要もなく、古いTシャツやワイシャツなどでも十分代用できます。


引き出し収納

引き出しには、セーターやTシャツなど型崩れしやすい衣類、下着などの小物を収納します。
床に近い方が、湿気や虫にやられやすいので、デリケートな衣類や大事なものほど、上の段に収納することをおすすめします。

上段 … 絹、カシミヤ、アルパカなどの毛織物
中段 … ウール、ウールの混合織物、レーヨン等の混合品
下段 … 綿、麻

Tシャツやスカーフなど、柔らかくてシワになりやすい衣類は、丸めて収納するのがベスト。

丸めるとき、ラップやトイレットペーパーの芯を使うと、高さもそろいます。
それでも滑るものは、衣類用のゴムや紐などでやわらかく留めて。
輪ゴムだとキツすぎて跡がついてしまうことがあります。ゴムの劣化も心配ですしね。

芯の中に防虫剤を入れておくと、見た目にもスッキリします。

防虫剤は、薬剤が気化し重さで下の方に広がっていくので、必ず衣類の上の方にいれるようにします。


布製品の寿命

衣類にも寿命があるって、知っていますか?
どんなにちゃんと手入れをしていても、大事に着ていても、いつか最初のころの風合は薄れ、使用の限界がきてしまいます。
また、流行のサイクルも、だいたいこれぐらいだというところです。

もちろん、大切に扱うことで寿命を延ばすこともできるし、よい縫製、よい素材のものは長持ちするというのも事実です。
でも、新しい洋服を買ったりいつの間にか増えてしまったときに、どの程度で見切りをつければよいか、
洋服の寿命を知っておくと、処分する時の葛藤が少なくなりますよね。

Tシャツ … 1〜2年
ワイシャツ … 2年
トレーナー … 2年
セーター … 2〜3年
スカート … 2〜3年
スーツ … 3〜5年


下着や靴下の収納

パンツや靴下って、種類別に並べても、気がつけば乱雑になっていませんか?
特に子供のものは、小さいし、乱雑になりやすいものです。
タンスの引き出しは、結構深さがあるので、高さを十分に生かせていないことも多いものです。

高さを生かした仕切りを作ることで、取り出しやすくコンパクトに整頓することができます。
タンスに最初から付いている仕切り板などは、意外と使いにくいこともあるので、適当な仕切り板を手作りしちゃいましょう。

硬めの段ボールや、はさみで加工できるプラスチックの板を使ってもOKですが、
使用頻度が高い場所なので、時々交換できる材料を考えてみては?
ボックスティッシュや牛乳の空き箱でも十分だと思います。

いずれの場合でも、引き出しの深さに合わせた仕切り板を用意することが肝心。

また、特に子供の下着など、種類別ではなく、「1回分ずつ」セットにして片づける、という工夫も必要です。


ネクタイの収納

主人のネクタイ、数が増えてしまって大変です。
朝の忙しい時間に、「やっぱり今日の気分は〜」などと迷い始めたら大変。
ベルトも同じですよね。

洋服ダンスには、ネクタイ専用のハンガーがありますが、スチールタイプのハンガーは、滑って取り出しにくいものです。

通販などで、ネクタイ専用のハンガーが売られています。
これは、ひとつのハンガーに20本ずつぐらいかけることができる便利な品物。
これを真似して、うちではすべり止めがついているズボン用のハンガー(普通の三角形のハンガーの辺がひとつない形)に、
日常使いのネクタイをかけてあります。
5〜6本横並びにかけられますよ。いつも使うものなら、このぐらいの数で十分でしょう?

飽きちゃってしばらく使いそうもないものは、丸めて牛乳パックに並べ、スーツのすその空間においてあります。


帽子の収納

外出の必需品、帽子。
我が家には子供が二人いて、それぞれの通学用・スポーツ用、私の日焼け止め用など、気がつけばたくさんの帽子があふれています。
ファッションによってもかえたいし、夏だけではなく、一年中使うものです。

しかし帽子って、型崩れすると困るし、収納に困る衣類のひとつですよね。

帽子専用のウォールポケットも売っていますが、もっとお金をかけないでうまい収納方法はないでしょうか?

・ワイヤーネットを、壁やクローゼットの扉の内側などに取り付け、そこにS字フックを引っ掛けてみましょう。
この方法は、通学用のカバンや上靴入れなど、玄関においておきたい小物をまとめておくためにも便利な方法です。

・ペットボトルに砂などを入れて倒れないようにし、そこに帽子をかぶせていく方法もあります。
ひとつのペットボトルに、3〜4つぐらいなら、下のものを取り出す時にも、そんなに不便ではないですしね。
高さの違うペットボトルを並べておいておけば、省スペースにも。

・突っ張り棒やカラーチェーンなどに、S字フックや洗濯ばさみを引っ掛け、一つずつ留めていく方法は?
小さな子供には届きませんが、目当てのものがすぐ取り出せて便利です。

・ぬいぐるみの頭にかぶせておく(笑)
あまり多くの数は片付けられませんが、玄関に小さい椅子をおき、ぬいぐるみを座らせ、帽子をかぶせていく片づけ方法です。
インテリアにもなるし、ただおいてあるだけのぬいぐるみが役に立つなんて、ちょっとうれしいじゃないですか。


衣類の防虫対策

きちんと防虫剤を入れていたのに、虫の被害にあった!と、クリーニング店によく相談があるそうです。
私も、防虫剤さえ入れていれば大丈夫だと思ってたのですが、
正しい使い方をしなければ、被害に遭うこともあるそうなのですね。

その正しい使い方とは、保存場所を「密閉」しなければならない!ということなのです。

ほとんどの防虫剤は、粒状の防虫剤が酸素に触れてゆっくり気化し、
収納場所(クローゼットや引き出し)に充満して虫が近づくのを防ぎます。

ということは、引き出しを開けたり、クローゼットの扉を開けてしまうと、せっかく充満している防虫剤が逃げてしまうということですよね。
知りませんでした!虫がつくのが嫌で防虫剤を入れているものの、その引き出しをしょっちゅう開けていました…

ということは、
「ある程度長期間しまっておくもの」と
「年間を通して使う可能性のあるもの」は、分けて収納しないと駄目だということですね。

最近の衣類の使い方として、冬でもTシャツを着ることもあるし、夏でも冷房がきついと厚手の上着が欲しくなることがあります。
春や秋の、衣替えのシーズンの「幅」も結構長いし、クローゼットが広くなっているということで、
きちんとした「衣替え」をしない場合もありますよね。
そういう場所に防虫剤を入れても、あまり効果がないということなのです。

さて、収納場所は、できるだけ開け閉めをしないことはもちろん、もしもタンスの引き出しではなく衣装ケースなどに片付けるときには、
密封性の高い容器の方が効果があります。
木製の洋服ダンスや引き出しよりも、プラスチックできちんと蓋が閉まる保存容器の方が効果的だということです。
よく、引っ越し後の段ボールを収納用に使いまわしたりしますが、
紙製のものは密封できないし、通気性がよいため、保管容器としてはあまりおすすめできません。

また、防虫剤は気体となって収納場所に充満するため、あまり詰め込みすぎると、防虫効果がありません。
ギューギューに詰め込んであるところに、もしも最初から虫が入っていても、防虫剤が行き渡らず生き残る可能性が高いです。

またガスは、空気より重いため、広がった後、下のほうに溜まっていきます。
ですから、防虫剤は衣類の1番上に置くようにします。


衣類を食べる虫

衣類を食べる主な害虫は、

・ヒメカツオブシムシ
・ヒメマルカツオブシムシ
・イガ
・コイガ

などの幼虫です。

成虫になると、小さいテントウムシみたいなやつらです。
久々に納戸を開けた時に、ほわ〜んと飛んでいく、あの虫たちですね。

名前はかわいらしいし、小さいものなので、別段恐い虫ではないのですが、高級衣料が大好きだという、ちょっとやっかいな虫たちです。

これらの幼虫は、絹や毛織物などの繊維質を餌としており、
人間の赤ちゃんと同じく、「柔らかい素材」が大好きなのです。

綿や麻、ウール、シルクなど、虫がつくいろいろな素材がありますが、特にカシミヤが大好物らしいのですね。

また、もちろん素材そのものを食べるのですが、衣類に食べこぼしたシミや汚れ、皮脂なども虫の餌になります。

収納する前には、必ずクリーニングや洗濯を行い、きれいにしてから片づけましょう。

虫や卵はとても熱に弱いので、もしも発見した時には、アイロンのスチームなどで衣類を蒸します。
そのままアイロンをかけると、プチッとつぶれてシミになってしまいますからね!

熱でほぼ完全にやっつけることはできますが、念のためもう一度洗濯することおすすめします。

最近は、どんな衣類でも家の洗濯機で選択することができますが、
ドライクリーニングは高温で処理するため、自宅での洗濯より防虫効果が高いと言われています。

やはり大事な衣類は、防虫のためにもドライクリーニングに出した方が安心ですね。


防虫剤の種類

市販されている防虫剤には、次の4種類の成分が含まれています。
それぞれの特性がありますが、2種類以上の防虫剤を混ぜると、うまくガス状にならなかったり、
異常な高温になる場合があるので、使用には注意をしましょう。


・パラジクロルベンゼン

効き目が早く、広範囲に広がるタイプの防虫剤です。
効き目が早いということは、早く気化してしまうので、定期的な補充が必要です。
ウールなど、特に虫のつきやすい衣類に適しています。
早く気化するので、使う時にも空気中に出してしばらくおいておくだけで、防虫剤臭が早く消えてくれます。
他の防虫剤(ピレスロイド系のみOK)と兼用すると危険です。
塩化ビニール製品、スチロール製品(装飾ボタン、帯止め、スパンコール、ビーズ類など)には使用できません。


・ナフタリン

効き目がゆっくり持続する防虫剤なので、出し入れが少ないものの収納に向いています。
お人形を片付けるときに使うのも、ナフタリンが多いですね。
パラジクロルベンゼン、しょうのうとの兼用はできません。
塩化ビニール製品には使用できません。


・しょうのう

クスノキから作られる防虫剤で、日本でも古くから使われています。
金糸・銀糸・金箔には直接触れないようにさえすれば、すべての素材に使え、特に着物の保管に最適だと言われています。
ただし、パラジクロルベンゼンとの兼用はできません。


・ピレスロイド

防虫剤特有の嫌なにおいがなく、ほかの防虫剤と混ぜて使うことができる防虫剤です。
「においが気にならない」とうたった商品は、ほとんどがピレスロイド系です。
においがないので、交換時期には注意が必要です。
薬剤が全部蒸発したら、使用済みであることが分かるように文字が浮き出てくるものが便利ですね。


梅雨の湿気対策

1年の中で、いちばん物のを間隙を使わなければいけない季節が6月〜8月。
つまり、冬物衣類を保管しておく時期ですね。
冬物衣類には、虫が好む天然素材が多く使われていますし、
このころの、高い湿度と気温が、衣類を傷める原因となってしまうのです。

まず、梅雨の時期には、カビの発生から衣類を守らなければなりません。
カビの胞子は、空中の至る所に浮遊しているため、避けることはできません。
それなら、カビが増殖する原因を抑えればよいのです。

カビが増殖する原因とは次のようなものです。


1・栄養

カビや虫の餌となるものは栄養です。
特に、天然繊維は素材そのものが餌となる場合もあるので、余計な栄養素…
つまり食べこぼしやゴミなどで、カビや虫などを呼びよせないようにしておく必要があります。
そのためには、きれいに洗濯してからしまう、ということがいちばん大切なことです。
当たり前のことじゃん!と思いでしょうが、特に冬物衣料は、そんなに毎日洗うものではないですよね。
ついうっかり洗いそびれることもあるし、1回しか着なかったから大丈夫、と思ってしまうこともあるかもしれません。
がんこな汚れの場合、家での手洗いだけでは、汚れが落ちきっていないこともあります。
特に家では、高温処理ができないので、とても大事な衣類の時には、クリーニングに出すようにしましょう。


2・温度

カビの大好きな温度は、20度〜30度ぐらい。
人間が心地よく生活するのと同じぐらいですね。
ここに、温度と栄養があれば、あっと言う間カビが発生ししまいます。
温度を下げるために、クローゼットにエアコンを設置するのはもったいない話ですが、
西側の窓よりは東北の角の方が気温は低いし、時々扇風機などで風を入れることも温度・湿度対策に有効です。


3・湿度

カビの大好きな環境は、湿度が70%〜80%ぐらいの場所。
風呂上がりの洗面所や、雨の日の窓際が、80%ぐらいです。
衣類の収納場所は、通気性のない場所が多いですよね。
通気=空気を入れ替える、ということが必要なので、防虫剤の使用方法(空気を入れ替えると防虫剤の効果がなくなる)と、
逆の行動が必要なこともあります。
空気を入れ替えた後は、防虫剤も入れ替えることを知っておいてください。
衣類はぎゅうぎゅうに詰め込みすぎると通気性が悪くなります。
湿気もこもりやすくなるので、目安は8分目ぐらい。
また、湿気は空気が水を含んだものなので、乾いた空気より下に下がる特徴があります。
湿気に弱い素材、たとえウールやカシミヤ、シルクなどはできるだけ上の方に保管します。
対して、綿や麻は比較的湿気に強い素材なので、下の方に保管しても大丈夫です。

関連エントリー

購入体験
家事検定をよく知ろう!
家事検定って知ってますか?
家事の価値とは?
家事検定はどこで?
家事検定を受けてみたい方
家事検定の受験内容は?
料理について学ぶ
食べる事と料理について
材料別と形式別の料理
調理方法と加熱方法について
旬の素材を知っておきましょう
世界の料理を学ぶ
料理道具について
材料の切り方を学ぶ
材料の量り方
掃除の仕方を学ぶ
掃除の基本
掃除に使う道具と洗剤
掃除のカビ対策
キッチン掃除を学ぶ
バスルームの掃除を学ぶ
トイレの掃除を学ぶ
洗濯の仕方を学ぶ
洗濯を学ぶ
シミや汚れを点検しよう
洗剤について良く知ろう
洗濯機の使い方
衣類の素材や繊維について
収納の仕方を学ぶ
収納について
収納のコツ
衣類の収納を学ぶ
インテリアについて
収納の実例紹介
収納グッズを利用しよう
家計管理を学ぶ
家計管理の家計簿
預金について
教育に掛かるお金
住宅に掛かる費用
保険について
税金にいて学ぶ
家庭マナーを学ぶ
マナーとは
パブリックマナーについて
テーブルマナーを学ぶ
冠婚葬祭の冠
冠婚葬祭の婚
冠婚葬祭の葬
冠婚葬祭の祭
お見舞いのマナー
暮らしの手入れを学ぶ
衣類の手入れ
DIYについて学ぼう
壁やタイルの補修には?
家事に関する問題
料理に関する問題例
キッチン掃除に関する問題例
掃除に関する問題例
洗濯に関する問題例
収納に関する問題例
家計管理の問題例
マナーに関する問題例
衣類に関する問題例
暮らしに関する問題例
幼稚園の運動会での成長。
今はとても楽しいばかり
初めての子育てで知ったこと
結婚について
挙式から披露宴までのバス移動
堅苦しさの無い結婚式
田舎の結婚式は
出産に立ち会ってはもらったけど
家庭の情報源
子育てと絵本の読み聞かせ
夫婦喧嘩になってないんだけど…
旦那の曖昧な返事でイライラ
ためていた学資では、とうてい足りなくなりました。
子どもの教育費
死亡保険を利用して教育資金を積み立ててます
初めての妊娠の時なんにも手伝ってくれなかった旦那
たくましく生きていく能力
夜中に起きるのは辛い!
子供に期待するのが学力など
可愛い我が子ですがたまにイライラしてしまいます
リンク集
リンク1
リンク2
Copyright © 2008 共働きの夫婦を応援!家事まるわかり検定. All rights reserved