トップページへ戻る > 家計管理の家計簿

家計管理の家計簿

あなたの家では、お財布を握っているのは誰ですか?
収入減は、夫の給料と妻のパート?
貯金はどれぐらい?
家計簿つけてますか?

家計とは、家族が暮らしていくうえでの、収入と支出の状態のことです。
つまり、家族が暮らしていくための費用のことで、家の中の経済活動のすべてのことです。

家計というと、「個人」の収支状況ではなくて、「世帯」をひとつとして使われます。
個人の収支といっても、家族があると、自由に使えるお金って限られていますよね。
いわゆるお小遣いやへそくりは個人資産ですが、
家族という構成がある以上、個人の収入も「家計」の一部と考えられます。

社会の経済活動、国の収支や企業の決済などは公にされるものですが、
家の中での経済活動…家計は、公にしなければいけない義務もないので、「標準的」のラインが分かりにくいものですよね。

家計を預かる…
家計をやりくりする… という言葉で使われるように、
とても大事で、工夫のいる「家事」です。
あなたの家ではどうしているの?
他の家事とは異なり、とても人には聞きづらいことなので、ちょっと勉強しておきましょう。


■収入

収入とは、ある期間に得た金銭のことです。
収入は、日常生活の為に使うお金と、資産形成のために残すお金に分けられます。

家計の中で主な収入源でいえば、給与。
給与とは、「労働の提供の対価」として、会社などから雇用されている個人が受け取る金銭のことです。
自営業者でいうと、給与は「売り上げ」にあたります。

給与の他の収入には次のようなものがあります。

・資産や権利に基づく対価や運用益。貯蓄の利子や株式投資の配当、不動産の賃貸料などがあります。
・相続によって生じる金銭や、不動産などの物件。
・謝礼。雇用契約を結んだ労働ではなく、サービスで行う行為。講演、手伝いなど。
・保険金、給付金、懸賞金など。


■支出

支出とは、目的のために金銭を支払うことです。
家計の中で支出といえば、暮らしていくための必要経費がほとんどです。
家計の中での支出には、次のようなものが考えらます。
家族単位で必要なもので、個人の収支と関係なく必要なお金です。

・住居費 … 賃貸料、住宅ローン、その他住まいのメンテナンスにかかるお金
・光熱費 … ガス、水道、電気
・食費
・税金 … 住民税、県民税、固定資産税、自動車税 など
・必要経費 … 電話、NHK受信料、CATV、新聞 などなど
・教育費
・ローンの返済


■貯蓄

金銭や不動産などの「財」を蓄えることを貯蓄といいます。

収入のうち、必要経費として支出した金銭の残った部分が、「貯蓄」とも考えられます。
なんて言うと「残るお金なんてない!」と怒られそうですよね。

わが家もそうなのですが、
「貯蓄するためのお金」を絞り出すために、一生懸命、家計管理をしているようなもの。
つまり、貯蓄の分も支出の中に組み込んで、計画的にためていかないと、そう簡単には増えてくれるものではないのです。

貯蓄には、次のような種類があります。

・預金 … 銀行などの金融機関に現金を貸し(預入れ)、期間に見合った利子を受け取るもの。
・年金 … 一定期間、定期的に決まった金額を支払うことで、将来的に支給される金銭のこと。厚生年金・国民年金などの公的年金と、企業年金・個人年金などの私的年金がある。
・保険 … 偶然発生する事故(病気や事故、火災など)によって起きるかもしれない経済的不安に備えて、一定期間の間決まった金額を預入ておく制度。


■貯蓄する目的

お金は沢山あった方が良い…と分かっていても、 それがぼんやりとした目的ではなかなかたまらないものです。

皆さん、何の目的を持って貯金をしていますか?

車を購入したい、
旅行へ行きたい、
マイホームが欲しい、などなど人によって様々な目的が有ると思います。

貯蓄の成果は、目的が有るのと無いのとでは大きな違いがでてきます。
目的がはっきりしているほど、そしてその期限が短いほど、早くお金をためないといけないので、貯蓄に積極的になれるでしょう。
貯蓄の期限が長期になるほど、目的意識をはっきり持たなければモチベーションが下がってしまうもの。

もちろん、将来のために…まとまったお金は必要なのですが、目先の目標を掲げると、やる気が出ますよ。


■人生の3大出費

人生の3大出費とは、教育・住宅・保険にかかるお金のことです。
もちろん、独身の気ままな一人暮しで人生を趣味につぎ込む人もいるでしょう。
あくまで、一般的な家族形態を考えたときの3大出費だと思ってください。保険を「現在の生活を保障するためのいざというときの保険」と「老後の生活費」に分けて、4大出費ということもあります。

家計の中では、この3(4)大出費の割合と計画がとても大事なのです。
食費や趣味のお金などのように、消えゆくものではないので、計画が立てやすい出費だとも言えます。


■投資

「投資」とは、将来的に資本を増加させるために、現在の資本を投じることです。
簡単に言うと、お金を増やすためにお金をつぎ込む、ということです。
預金と違うところは、どんな投資でも、マイナスになるかもしれないというリスク(不確実性)があるということ。
金融投資はうまく利用すれば、預金よりもはるかに高利率で資産が増えていくものです。
投資したお金が、企業などの経済活動に使われ、経済が活性化することによる見返りが、
投資における利益なので、社会全体の流れをうまく読むことが必要になってきます。

関連エントリー

購入体験
家事検定をよく知ろう!
家事検定って知ってますか?
家事の価値とは?
家事検定はどこで?
家事検定を受けてみたい方
家事検定の受験内容は?
料理について学ぶ
食べる事と料理について
材料別と形式別の料理
調理方法と加熱方法について
旬の素材を知っておきましょう
世界の料理を学ぶ
料理道具について
材料の切り方を学ぶ
材料の量り方
掃除の仕方を学ぶ
掃除の基本
掃除に使う道具と洗剤
掃除のカビ対策
キッチン掃除を学ぶ
バスルームの掃除を学ぶ
トイレの掃除を学ぶ
洗濯の仕方を学ぶ
洗濯を学ぶ
シミや汚れを点検しよう
洗剤について良く知ろう
洗濯機の使い方
衣類の素材や繊維について
収納の仕方を学ぶ
収納について
収納のコツ
衣類の収納を学ぶ
インテリアについて
収納の実例紹介
収納グッズを利用しよう
家計管理を学ぶ
家計管理の家計簿
預金について
教育に掛かるお金
住宅に掛かる費用
保険について
税金にいて学ぶ
家庭マナーを学ぶ
マナーとは
パブリックマナーについて
テーブルマナーを学ぶ
冠婚葬祭の冠
冠婚葬祭の婚
冠婚葬祭の葬
冠婚葬祭の祭
お見舞いのマナー
暮らしの手入れを学ぶ
衣類の手入れ
DIYについて学ぼう
壁やタイルの補修には?
家事に関する問題
料理に関する問題例
キッチン掃除に関する問題例
掃除に関する問題例
洗濯に関する問題例
収納に関する問題例
家計管理の問題例
マナーに関する問題例
衣類に関する問題例
暮らしに関する問題例
幼稚園の運動会での成長。
今はとても楽しいばかり
初めての子育てで知ったこと
結婚について
挙式から披露宴までのバス移動
堅苦しさの無い結婚式
田舎の結婚式は
出産に立ち会ってはもらったけど
家庭の情報源
子育てと絵本の読み聞かせ
夫婦喧嘩になってないんだけど…
旦那の曖昧な返事でイライラ
ためていた学資では、とうてい足りなくなりました。
子どもの教育費
死亡保険を利用して教育資金を積み立ててます
初めての妊娠の時なんにも手伝ってくれなかった旦那
たくましく生きていく能力
夜中に起きるのは辛い!
子供に期待するのが学力など
可愛い我が子ですがたまにイライラしてしまいます
リンク集
リンク1
リンク2
Copyright © 2008 共働きの夫婦を応援!家事まるわかり検定. All rights reserved