トップページへ戻る > 住宅に掛かる費用

住宅に掛かる費用

家庭を持つと、新たに住居が必要になってきますね。
幸せな家庭をつくるための大事な器です。
実家にそのまま住む、社宅に住む、アパートを借りるなど、住居の調達方法はいろいろですが、
ここでは、最大にお金がかかるマイホームの取得について考えてみましょう。
一生賃貸住宅に住むとしても賃貸料はかかりますし、実家に住んでいても、改修費用など取っておかなければならないので、
結局のところ、住宅費としてかかる金額は同じくらいになるかもしれません。


予算について

家は、よほどきちんと計画をたてて一生懸命住宅資金をためていないと、そうそうキャッシュで買うことのできる品物ではない高価なものです。
そのため、ほとんどの人が「住宅ローン」という借金で、建てる(購入)ことになります。
住宅ローンを試算するときには、借りられる額より返せる額を知ることが大事です。

返す見込みのある金額の範囲で、購入予算を決めましょう。
予算を見込み違えると、その後、ずっと借金に苦しむことになりかねません。

金融機関に相談すれば、借り入れ可能額をすぐに算出してくれます。
しかし、それは、一般的な試算に基づくものであって、個人のライフスタイルを反映させたものではありません。
住宅費よりも大事な金額があるかもしれないし、家族形態がかわることだってあるのです。

つまり、借り入れ可能額が、返せる額とは限らないということを知っておく必要があるのです。
自分のライフスタイルについて、しっかり検討しましょう。計画がはっきりしないままモデルルームにでかけるのは危険。
素敵な物件に目を奪われ、ついつい無理をしてしまいしょうです。
予算計画が、住宅計画のなかで、もっとも重要だといえます。


資金計画

ほとんどの人がマイホームを買うときは、初めての経験ですよね。
中には、住み替えていく人もいるでしょうか?
安くても数千万円という買い物は、他の商品にはない数字で、金銭感覚がマヒしてしまうことがあります。
数万円かりるのとは、わけが違う借金。
しっかり資金計画をたてましょう。

資金計画では、次のステップに沿って、自分の未来をシュミレーションしていきます。
家を買おう!と思ったときは、ワクワクどきどきうれしいものですが、資金計画していると、現実に叩き落されることもあります。
夢の実現のため、がんばってくださいね。


1・現在の支払・貯蓄状況を確認する
2・住居関係の支払い年間予算を算出する
3・住宅ローンの返済予算を算出する
4・借入金額を計算する
5・物件購入予算を立てる


1・現在の支払・貯蓄状況を確認する

一年間の生活費と一年間の貯蓄額を出してみましょう。
月間の家計簿をチェックする必要はありません。
食費・生活費・水道代・光熱費など細かく出すと、月ごとの誤差も大きいし、面倒になってしまうので、大雑把でOK。
年収と貯蓄の差額を計算するくらいで十分です。

たとえば、こんな風に計算します。
1・賃貸の住居費と、住居に関わる費用(駐車場代や管理費)
2・一年間でたまった貯蓄額

1と2の差額が、生活費や趣味に消えたお金、つまり生活に必要な経費です。


2・住居関係の支払い年間予算を算出する

1と2は、普段の生活に使わなくてもよい金額なので、これが最大限、住宅購入にまわせる予算となります。


3・住宅ローンの返済予算を算出する

しかし、これをすべて使ってしまうと、貯蓄額が「0」になってしまいます。
それでは、将来不安ですね。いくら、生活費を節約したとしてもひねり出せる金額には限界があります。
ですから、だいたい70%を予算にしましょう。
これが、住宅ローン返済にあてることのできる年間予算です。残りの30%は貯蓄にまわしましょう。


4・借入金額を計算する

住宅に回せる金額がでたら、ローンの試算をしてみましょう。
実際の所得は、年を重ねるごとに増えていくものですが、計画の段階ではローン期間中同じ年収として計算しておきましょう。
どういう事情があるかわからないので、「取らぬ狸の皮算用」にならぬように、安全を見ておくのです。
安全をいていたとしても、子どもの教育費や、家のメンテナンスのお金など、いろいろ必要になってくるものです。

ローンの試算では、
・何歳から始めて、何歳で返済終わるのか(返済期間)
・ローン金利の設定
を頭にいれて計算しましょう。

借り入れ時の年齢が、40歳までなら、約25〜30年返済できます。定年退職のときに返済し終わるように設定しましょう。
ローン金利は、詳しくは時期によってかわるものですが、3.5%くらいで計算しておけばいいでしょう。
「住宅ローン シュミレーション」で、検索してみてください。


5・物件購入予算を立てる

だいたいローン金利を含めて、いくら支払えるかが把握できたでしょうか。
そうすると、具体的な物件購入の予算がたちます。
あとは、家と土地のどちらにお金をかけるのか、分配すれば建物と土地の予算がはっきりしてきます。


住宅ローンの基礎知識

家を買うときには、ほとんどの人が住宅ローンを使い、「借りる」ことで購入資金を調達します。住宅は何千万円もする買い物なので、たいてい、手持ちのお金では足りないですよね。これが、住宅ローン、つまり借金です。借金といっても、その金額は数年で返せる自動車ローンやリボ払いの比ではないので、覚悟が必要です。とはいえ、暮らしていくためには、賃貸住宅にせよ、それなりの住宅費がかかっていましたよね。支払いの分は、家賃だと思えば、それほど怖いものではないでしょう。

でも、かなり長い間背負っていく借金です。業者や銀行に言われるがままのプランではなく、きちんと理解しておきましょう。
 どんな金利のタイプがあるのか、
 それらはどんなメリットがあるのか、
 どんな返済方法があるのか、
 もしも返済が難しくなったらどうするのか、 などなど
心配ごとはたくさんあるはずです。


住宅ローンと家賃

持ち家を購入しなくても、日本には賃貸住宅がたくさんあるので、住居に不自由することはありません。住宅ローンという借金を背負わずに気楽に暮らしたいなら、賃貸も悪くないですよね。
しかし、賃貸住宅は、いつまで賃貸料を払い続けても、自分の持ち物にはなりません。持ち家は、住む場所が固定されてしまうし、メンテナンスも自分でしなければなりません。住宅購入代金のほかにいろいろ費用がかさんできます。面倒なことも多いのです。
今は、住宅ローンの金利が比較的落ち着いているので、賃貸料とローンの返済額がさほどかわりません。
それならばと、いずれ資産価値の残る持ち家を選ぶ人が多いのです。ただし、ローン返済が終わるまでは、完全に自分のものではありません。万が一、支払いが困難になったときも、たいてい価値がぐんと下がっているので、ローンの返済分の金額が保障されるとは限らないのです。


元金と利息

借金は、元金と利息から成り立っています。
2000万円を10年間借りたとして、返済額が2000万円のわけないですよね。すべて、借金には利息がつきます。
利息は、借りたお金(元金)に、金利をかけて計算されます。
金利は、金融機関や、支払い方法、その時々の相場によって変わっています。借りたときの金利が、返済時まで有効なタイプのものや、変動するものなど、いろいろなローン商品があります。

住宅ローンの金利は、ふつう年利で表示されています。
一般的には、返済は毎月行うので、
金利3.6%と表示してあれば、月ごとの支払いに対する利子は、3.6%÷12=0.3%づつということになります。

ローンの返済では、元金と利息を支払っていくのです。

借入額が多いと、当然トータルの返済額も多くなります。
1000万円 を 30年間借りたとします。
1500万円 を 30年間借りたとします。
その差は500万円ですが、差額にも利子がつくため、返済金額の差は500万円以上になってしまいます。

借り入れ期間が長いと、返済額は増えます。
1000万円 を 30年間借りたとします。
1000万円 を 15年間借りたとします。
借入額は同じでも、15年分の利子の差は結構大きいでしょう。

このように、住宅ローンの返済額は、「借入額」「金利」「返済期間」の三つの要素から決まってきます。少しでも借金は少ない方が良いのですが、生活のための資金と余剰資金も考慮し、適切な金額で設定しましょう。


関連エントリー

購入体験
家事検定をよく知ろう!
家事検定って知ってますか?
家事の価値とは?
家事検定はどこで?
家事検定を受けてみたい方
家事検定の受験内容は?
料理について学ぶ
食べる事と料理について
材料別と形式別の料理
調理方法と加熱方法について
旬の素材を知っておきましょう
世界の料理を学ぶ
料理道具について
材料の切り方を学ぶ
材料の量り方
掃除の仕方を学ぶ
掃除の基本
掃除に使う道具と洗剤
掃除のカビ対策
キッチン掃除を学ぶ
バスルームの掃除を学ぶ
トイレの掃除を学ぶ
洗濯の仕方を学ぶ
洗濯を学ぶ
シミや汚れを点検しよう
洗剤について良く知ろう
洗濯機の使い方
衣類の素材や繊維について
収納の仕方を学ぶ
収納について
収納のコツ
衣類の収納を学ぶ
インテリアについて
収納の実例紹介
収納グッズを利用しよう
家計管理を学ぶ
家計管理の家計簿
預金について
教育に掛かるお金
住宅に掛かる費用
保険について
税金にいて学ぶ
家庭マナーを学ぶ
マナーとは
パブリックマナーについて
テーブルマナーを学ぶ
冠婚葬祭の冠
冠婚葬祭の婚
冠婚葬祭の葬
冠婚葬祭の祭
お見舞いのマナー
暮らしの手入れを学ぶ
衣類の手入れ
DIYについて学ぼう
壁やタイルの補修には?
家事に関する問題
料理に関する問題例
キッチン掃除に関する問題例
掃除に関する問題例
洗濯に関する問題例
収納に関する問題例
家計管理の問題例
マナーに関する問題例
衣類に関する問題例
暮らしに関する問題例
幼稚園の運動会での成長。
今はとても楽しいばかり
初めての子育てで知ったこと
結婚について
挙式から披露宴までのバス移動
堅苦しさの無い結婚式
田舎の結婚式は
出産に立ち会ってはもらったけど
家庭の情報源
子育てと絵本の読み聞かせ
夫婦喧嘩になってないんだけど…
旦那の曖昧な返事でイライラ
ためていた学資では、とうてい足りなくなりました。
子どもの教育費
死亡保険を利用して教育資金を積み立ててます
初めての妊娠の時なんにも手伝ってくれなかった旦那
たくましく生きていく能力
夜中に起きるのは辛い!
子供に期待するのが学力など
可愛い我が子ですがたまにイライラしてしまいます
リンク集
リンク1
リンク2
Copyright © 2008 共働きの夫婦を応援!家事まるわかり検定. All rights reserved