トップページへ戻る > 冠婚葬祭の葬

冠婚葬祭の葬

葬式のことです。人が亡くなったときに、遺体の納棺・葬儀・火葬・納骨までの流れのことを葬式と言います。
人が亡くなると、よほどの事情がない場合お葬式をあげます。たいていの場合、予測ができない事柄なので、お葬式を出す家庭では、葬儀社などのアドバイスをもとにして、慣習に沿った儀式として葬式を行うことになります。葬式は、通夜と葬式がありますが、ほとんどが、葬祭場のホールなどで行われているようです。葬斎場で行うメリットは、家族や親族も、足を運ぶ知人たちもスタッフの指示通り動けばよいので、パニックにならずスムーズにことが進むというところです。
葬式は、通夜と告別式に分かれています。どちらに参列しても構いません。


通夜とは

通夜とは、もともとは仏教の行事の一つで、葬儀の前夜に、夜通しでなくなった人が無事に成仏できるように祈る儀式のことでした。今でも仏教のお宅で、自宅でを通夜を行うときや、斎場から帰った後など、夜通し火を絶やさずに祈るそうです。神式では、「通夜祭」「遷霊祭」、キリスト教では「前夜祭」などと言い、また宗派によってもやり方は様々ですが、
だいたいどのお葬式でも、通夜→告別式という順序で行っています。

通夜には、遺族と親族、知人などが集まり、故人の冥福を祈ります。
自分が参列する機会の方が多いはずですが、それほど親しくないが関係のあった人(会社の同僚の親とか、深く付き合いのない近所の人など)がなくなったときには、わざわざ平日の日中に行われる葬式のために、自分の予定を急に変えることはできませんよね。そのため、夜間に行われる通夜の方だけに出席しても構いません。たいていは通夜に大勢の人が集まることが多く、通夜の方が「急いで駆けつけた」という感じもあります。


通夜への参列

知人などがなくなったという一報が入ったときには、まず、自分のスケジュールを開けることが一番です。そして、どこで通夜が行われるのか確認しましょう。たいていの葬儀場は、午後6時〜午後8時などと、受付時間に幅を持たせてあります。葬儀場さえ分かれば、受付時間や宗派など、葬儀場に確認した方がスムーズです。とにかく遺族はパニックになっていますし、忙しい時にあれこれ尋ねるのは失礼になりますから。

受付では、一礼し、お悔やみの言葉を述べます。でも、受付の方はご遺族ではない場合が多いものです。遺族でも遠い親戚などのこともありますので、長々とお悔やみの言葉を言わなくても大丈夫。軽く黙礼するだけでも構いません。式場内では、自分の知人などに会う機会もあるでしょう。悲しみの場所なので、会話は控えめに。ご遺族の方にお会いしたときには、お悔やみの言葉を述べます。余計なことを言ってしまわないように、極力言葉数は控えめに。平凡だと思えるぐらい、ありきたりの定型文書を使うぐらいでOKです。
通夜の時は、礼服を着る必要はありません。亡くなられることを予想していたと思わせる振る舞いは厳禁です。そのため、黒っぽい平服でいきます。しかし、肌の露出が多い服や、カジュアルな服装、光るものは避けましょう。


お悔やみ言葉

葬式では、遺族と対面することがあるのですが、悲しみにくれているご遺族に対し、なんと声をかけていいのか困ってしまう事が多いものです。基本的には、口をつぐんでしまうぐらい言葉少なくてOK。忌み言葉として、使ってはならない語句がたくさんあるので、余計な事を口走ってしまうぐらいなら、黙っている方が無難です。

<お悔やみの言葉>
このたびはご愁傷さまです。
大変、お気の毒でございました。
心からお悔やみ申し上げます。
本当に残念でなりません。
さぞお力落としのことと思いますが、どうかあなたさまも、お体にご注意くださいま。
生前はお世話になりっぱなしでした。お返しもできないうちにこのようなことになりまして残念でなりません。
私にお役に立てるようなことがありましたら、どうぞ何なりとお申しつけ下さい。


重ね言葉 … 重ねる、重ね重ね、くれぐれも、再三、また、たびたび
直接的な死を意味する言葉 … 死、死亡、病


告別式への参列

告別式は、開始の時間が決まっています。最近のほとんどの葬式では、告別式よりも通夜への参列者が多く、告別式は意外と早く終わってしまうことがあります。ある程度時間が長引くを通夜とは違い、出棺などの手順が決まっている儀式なので、遅れないようにしましょう。
火葬場まで同行するのは、遺族と、遺族からお願いされた人だけです。火葬場には、入れる人数が決まっていることもありますので、どうしても同行したい場合は、通夜の席で申し出ておかなければなりません。


香典

通夜にも告別式にも参列する場合には、通夜の方の受付で出します。
いずれにしても会場に到着したらすぐ、受付で記帳し受付で差し出します。葬式の場合には、新券は使いません。急な出来事でもあるし、用意していたかの様に考えられるからです。しかし、礼儀として、あまりにも汚れていたりしわくちゃだと失礼なので、できるだけ綺麗なものを用意しましょう。新券に折り目をつけることもあります。
香典袋は宗派に合ったものを用意し、袱紗(ふくさ)に包んでもっていきます。袱紗ごと受付の台の上にいったん置いてから香典袋を出し、受け取る相手の正面に両手でもって差し出します。


香典の金額

香典は、故人への供養の気持ちを表すのはもちろんですが、遺された遺族への葬儀費用などを助けるという意味合いでもあるそうです。
香典の金額に、決まりはありません。冠婚葬祭の中で、最も出費の度合いが多いので、ほかに比べると少額です。

<香典の目安>
勤務先の上司・同僚・部下、またはその家族など関係者
20代…3千円〜5千円
30代…5千円〜1万円
40代…5千円〜1万円
50代…5千円〜2万円

友人・知人、またはその家族
5千円〜1万円

ご近所
3千円〜5千円


葬式のときの服装

もしも遺族(故人の親族)になってしまったとき、エチケットとして、弔問客や会葬者より軽い服装にならないように気をつけます。
基本的に通夜の席では、正式喪服でなくてもかまいませんが、準喪服といわれるダークスーツを着用します。
葬儀の席では、成人は正式喪服を着用します。
近親者も正式の方がいいでしょう。

正式喪服とは、
男性和装 … 5つ紋の黒紋付、羽織袴、羽織の紐・下着はグレー、黒い足袋
男性洋装 … モーニング、黒手袋
女性和装 … 5つ紋の黒、名古屋帯、小物は黒、白い足袋
女性洋装 … 黒のワンピース、小物は黒


・喪主 … 喪服
・遺族・近親者 … 喪服、黒のダークスーツ
・弔問客 男性 … 黒かグレー系のダークスーツ、ワイシャツは白、ネクタイは黒かグレー、靴下は黒、靴は黒
・弔問客 女性 … 黒かグレーの礼服(フォーマルスーツ、ワンピースなど)、黒のブラウス、バックは小さめ、パールのネックレスは1連にすること、 光沢のある素材は避ける。
・学生 … 制服、黒やグレーの無地の洋服

関連エントリー

購入体験
家事検定をよく知ろう!
家事検定って知ってますか?
家事の価値とは?
家事検定はどこで?
家事検定を受けてみたい方
家事検定の受験内容は?
料理について学ぶ
食べる事と料理について
材料別と形式別の料理
調理方法と加熱方法について
旬の素材を知っておきましょう
世界の料理を学ぶ
料理道具について
材料の切り方を学ぶ
材料の量り方
掃除の仕方を学ぶ
掃除の基本
掃除に使う道具と洗剤
掃除のカビ対策
キッチン掃除を学ぶ
バスルームの掃除を学ぶ
トイレの掃除を学ぶ
洗濯の仕方を学ぶ
洗濯を学ぶ
シミや汚れを点検しよう
洗剤について良く知ろう
洗濯機の使い方
衣類の素材や繊維について
収納の仕方を学ぶ
収納について
収納のコツ
衣類の収納を学ぶ
インテリアについて
収納の実例紹介
収納グッズを利用しよう
家計管理を学ぶ
家計管理の家計簿
預金について
教育に掛かるお金
住宅に掛かる費用
保険について
税金にいて学ぶ
家庭マナーを学ぶ
マナーとは
パブリックマナーについて
テーブルマナーを学ぶ
冠婚葬祭の冠
冠婚葬祭の婚
冠婚葬祭の葬
冠婚葬祭の祭
お見舞いのマナー
暮らしの手入れを学ぶ
衣類の手入れ
DIYについて学ぼう
壁やタイルの補修には?
家事に関する問題
料理に関する問題例
キッチン掃除に関する問題例
掃除に関する問題例
洗濯に関する問題例
収納に関する問題例
家計管理の問題例
マナーに関する問題例
衣類に関する問題例
暮らしに関する問題例
幼稚園の運動会での成長。
今はとても楽しいばかり
初めての子育てで知ったこと
結婚について
挙式から披露宴までのバス移動
堅苦しさの無い結婚式
田舎の結婚式は
出産に立ち会ってはもらったけど
家庭の情報源
子育てと絵本の読み聞かせ
夫婦喧嘩になってないんだけど…
旦那の曖昧な返事でイライラ
ためていた学資では、とうてい足りなくなりました。
子どもの教育費
死亡保険を利用して教育資金を積み立ててます
初めての妊娠の時なんにも手伝ってくれなかった旦那
たくましく生きていく能力
夜中に起きるのは辛い!
子供に期待するのが学力など
可愛い我が子ですがたまにイライラしてしまいます
リンク集
リンク1
リンク2
Copyright © 2008 共働きの夫婦を応援!家事まるわかり検定. All rights reserved